弁護士費用

弁護士報酬,弁護士費用,着手金,法律相談料

困った時には弁護士に相談したい、でも費用がどれぐらいかかるか分からない、そんな風に考える方は結構いると思います。ここで簡単な弁護士報酬(弁護士費用)の種類と相場について紹介したいと思います。もしも弁護士相談を考えている方は、参考にしてもらえれば幸いです。

まずは弁護士報酬(弁護士費用)の種類についてですが、大きく分けて「法律相談料」「着手金」「報酬金」「手数料」「実費」の5つになります。

法律相談料は、弁護士に法律相談を行うことにより、時間制で料金が発生します。おおよその相場は1時間で5000円~10000円ほどです。

着手金は、弁護士に仕事を依頼した段階で、成功・失敗に関わらず払う費用です。失敗したとしても支払った費用は戻ってきません。

報酬金は、依頼が成功した段階で、その成果に応じて支払う費用です。失敗の場合はもちろん払う必要はありません。

手数料は、依頼の案件が1回程度の事務手続きで解決する場合に支払うものです。契約書や遺言書の作成、会社設立や相続放棄手続き、支払督促申し立て、登記などがこれにあたります。

実費は、依頼を行う上で発生する費用のことです。交通費や通信費・宿泊費などですね。裁判を行う場合は、収入印紙や記録謄写費用、場合によっては保証金や供託金、鑑定料なども含まれます。

相談料以外は仕事の内容によって変わってきますので、一概に平均いくらというのは言えませんが、10万円や20万円かかる場合もあり、決して安い金額ではありません。事務所や弁護士によっても変わってきますので、よく吟味した上で選んでくださいね。